ほうれい線のない若々しい肌|若返りの秘密!ここだけの話を指南

女の人

習慣でシワの原因を作る

鏡を見る女性

自分が毎日行なっている何気ない習慣もシワの原因となることもあります。一回や二回くらいではシワになることはありませんが、悪い習慣を毎日のように続けていけばその状態を肌が記憶してしまい、しわになるケースもあるのです。特に骨格が歪んでいる人は要注意が必要です。骨格が歪んでいると体のバランスが崩れてしまい、自分では自覚していなくても片側だけに圧力がかかっていることがあるのです。変な風に圧力が加わることで、顔の片側だけに目立つシワが出来ることもあります。具体的な悪い習慣を紹介するので、思い当たることがあれば今から改善していきましょう。まず、食事をするときに無意識に片側だけで噛むと骨格の歪みの原因にもなります。それにより片側だけほうれい線が出ることもあるので注意しましょう。ちなみに、片側だけで噛む行為を続けていると、歯のかみ合わせも悪くなるので食事をするときはバランス良く噛むようにしましょう。

次に頬杖を付いている人もシワが多くなりやすい傾向にあります。机が目の前にあると、ついつい頬杖をついてしまう人は頬杖を付いている側の頬に強い力を加えた状態が続いていることになります。その結果、骨格が少しゆがんでしまい、顔にシワが出来るのです。学校の授業中や職場のディスクで頬杖をつくことが癖の人はやめたほうが良いでしょう。今はシワがなくても骨格が歪むとほうれい線が出来やすい肌になってしまいますし、頬杖ばかり付いていると見た目も可愛くありません。

そして、カバンや荷物を持つときに同じ側で持つことも良くないと言われています。女性のカバンは男性よりも重いことが多く、重い荷物を毎日持ち歩いていることになります。リュックのように均等にバランス良く荷重がかかるカバンは問題ないのですが、ショルダーバッグを同じ肩ばかりにかけている人は危険です。毎日同じ肩に重い荷物が載っている状態なので、鏡で見た時に片側の肩が下に傾いているでしょう。そうなると骨格も歪み、ほうれい線が出来てしまいます。同じ肩ばかりでなく、意識的に反対側の肩にカバンをかけることが大事です。

このように日常の何気ない習慣によって骨格が歪んでほうれい線が出来る原因を作っているのです。思い当たる習慣が合った人は今日から改善していきましょう。