ほうれい線のない若々しい肌|若返りの秘密!ここだけの話を指南

女性

習慣でシワの原因を作る

鏡を見る女性

顔のほうれい線は日常の何気ない仕草でできやすくなってしまいます。多くの場合は骨格が歪むことが原因で、シワを作りやすくしています。まずは骨格を歪める習慣をしていないか確認してください。悪い習慣をしている人は今すぐにやめましょう。

もっと知ろう

スキンケア3つのポイント

目を閉じる女性

毎日しっかりとスキンケアをしているとほうれい線ができにくい肌を作ることが出来ます。しかし、ちょっとした3つのポイント理解してスキンケアをすることによって、出来てしまったほうれい線も薄くすることも可能です。

もっと知ろう

今日から出来るむくみ対策

肌に触れる女の人

血流が悪くなることで人間の体はむくんでしまいます。顔がむくんでしまうと、重力に負けて下に垂れ下がり、ほうれい線の原因になることがあります。ですから、むくみにくい体を作ることが大切になります。

もっと知ろう

顔の筋肉の力

目を閉じる女の人

筋力の緩みで肌がたるみほうれい線も出てきます。筋力を落とさないことも大切ですが表情筋が活発になることでほうれい線が目立ちます。ボトックス注射は有効な改善策です。

もっと知ろう

肌の機能を回復

女医

ほうれい線は肌のたるみによって起こります。ハリや弾力を取り戻すにはヒアルロン酸注入が効果です。年齢とともに減少していく成分となりますが外部から補うことができます。

もっと知ろう

乾燥肌のスキンケア

花と女性

人間は初対面の人に出会った時は、最初に顔を見て挨拶をします。その時に顔の雰囲気で第一印象が決まり、その時間はわずか数秒と言われています。ですから、相手に好印象を持ってもらうためには、数秒間が勝負です。好印象を与えるために笑顔を作り、毎日清潔にしていても老けこんで見られる人もいます。実年齢よりも老けこんで見えてしまう大きな原因は、ほっぺたのほうれい線です。先ほど顔の雰囲気で第一印象が決まると言いましたが、シワの多い人と少ない人では同じ年齢でも違う印象になります。シワが多いと老けて見えて、シワが少ないと若々しく見えます。そのため、出来るだけ若々しく保つためにシワの原因を知って予防しましょう。ここだけの話を指南していきます。

ほうれい線は実は10代や20代でも出来てしまうこともあるのです。これは生活習慣や遺伝が原因と考えられていますが、顔の表情筋を鍛えることで、深くほっぺたに刻み込まれたシワを薄く目立たなくする簡単な方法があります。若いうちに出来たシワの多くは、間違ったスキンケアを長い期間続けていることが要因です。現代の女性は10代のうちから化粧をする人が多くいますが、しっかりとメイクを落としてスキンケアをする人は少ないでしょう。化粧をしたまま寝ると肌には大きなダメージになりますし、化粧をした状態ではスキンケア出来ないので、肌の潤いがなくなり乾燥肌になる人が多くいるでしょう。肌が乾燥すると、ハリと弾力がなくなって徐々に弛んでいきます。重力に負けて弛むことでシワは深くなって目立ってしまうでしょう。少しでもシワを目立たなくして、老けて見られないためにはスキンケアを見なおしてみましょう。

もし、手っ取り早く深いほうれい線を消したい場合は、美容整形外科をおすすめします。最近は多くの女性がプチ整形を行なっています。皮膚にヒアルロン酸を注入するだけの簡単な施術もあります。ヒアルロン酸を注入するだけなら、930円から受けることが出来るので、費用もリーズナブルで効果も絶大です。そして最先端の技術では溶ける糸を使い、弛んだ頬をリフトアップする施術もあります。この施術をフェザーリフトといい、アンチエイジングと組み合わせることで若返りの効果は絶大になります。多くの女性が美容整形外科で施術を行ない、深いシワを目立たなくしています。また、見た目が若返るだけでなく、性格も明るくなっています。自分の素肌に自信を持つことが出来るようになるので、積極的に行動をするようになり、毎日をエンジョイしている多くいます。ほうれい線で悩んでいる女性は、美容整形外科で綺麗な肌を手に入れて、若々しく楽しく過ごしましょう。